水のトラブルで多い水道のわずかばかりの水漏れ

日々の暮らしのなかで意外と多いのが水回りのトラブルでしょう。水回りに関しては、キッチンや洗面所、風呂場と使用する場所やその機会も多いことから、さまざまなトラブルが生じます。まず考えられるトラブルは水の出口に関するもの。つまり、水道の蛇口のトラブルです。

そして、逆に水が排出される排水口に関するトラブルも少なくありません。これは、排水口の詰りなどのせいで水が流れていかないといったトラブルです。水道の蛇口が原因になっている水のトラブルは、何度も繰り返し使用する個所なので、さまざまな器具が摩耗して起きるトラブルが少なくありません。たとえば、すり減ってしまったパッキンが原因での水漏れです。

すり減ったパッキンのせいで水道の蛇口が閉まり切れないで水漏れしてしまうのです。このすり減ったパッキンによる水のトラブルは頻繁に起きるというより時期が来ると起きてしまうといったほうがよく、自分で注意することで防げるものです。つまり、蛇口をやや堅めに締めるといったことです。また、いよいよ堅く締めても水漏れが止まらず水のトラブルが本格的になってしまったならば、自分でパッキンの交換をすれば元通りきちんと使えるようになります。

そのときは、まずレンチやドライバー、ピンセットなど修理する工具を用意する必要があります。そして、カバーナットと呼ばれる部品をペンチなどで取り外してパッキンの交換を済ませたら、ハンドルを閉めて水漏れが起きないことを確認し部品をもとに戻して作業を終えます。業者を呼んで修理してもいいのですが、落ち着いてやれば自分でもできるトラブル回避です。