蛇口の水のトラブルを自分で修理する方法

一般住宅で多い水のトラブルとして挙げられるのが、「蛇口からの水漏れ」です。水のトラブルは専門業者に修理を依頼しないと、直すことができないというイメージがありますが蛇口の水漏れ程度であれば、自分で直すことも不可能ではありません。蛇口からの水漏れの多くは蛇口やハンドル部分にある、パッキンの劣化や破損によって起こります。水道を使っている時、蛇口周囲から水漏れする場合はパッキンを交換することで水のトラブルを改善することが可能です。

修理を行う前には、必ず元栓を閉めておきましょう。水道の元栓を閉めておかないと作業中に、水が飛び散ってしまうためです。水道の元栓は一戸建て住宅だと家屋の建物の横や裏側、マンションなどの集合住宅では玄関のドア付近にあるケースが多いようです。元栓を閉めたらドライバーでネジを取り、レバー自体を外します。

取り外したネジは無くさないよう注意が必要です。レバーを外したらモンキーレンチを使いレバー下の部品を取り外します。蛇口を外すとパッキンが2か所装着されている所があるので、劣化や破損をしているパッキンを新しいものへと交換します。この時、注意したいのがパッキンの種類です。

メーカー・品番によって種類が異なるので購入する時には、事前にチェックしておくことが大切です。後は外した部品を元に戻し元栓を開けて、水の出具合などをチェックするだけです。簡単な手順なのでもし蛇口に水のトラブルが発生した場合は、自分で修理することも検討してみてはいかがでしょう。