事前に準備!水のトラブル

水は生活の要。なのに水回りの故障やトラブルはこちらの都合なんてお構いなしに突然にやってきます。予期せぬ緊急事態で軽いパニック状態に陥り、何をすればいい?どこに連絡すれば?と焦ってしまいがちです。そうならないためにまずやっておくことは、水のトラブルが起こる前に、水漏れの場合はここに電話する、トイレ修理はここに電話する、とあらかじめ修理業者を選定して電話番号を冷蔵庫の扉など目につきやすい位置に貼っておくことです。

賃貸マンションであれば管理会社の番号も一緒にメモしておきましょう。こうしておくだけでいざというときに慌てなくて済みます。現在はメールでの連絡が一般化していますが、至急に修理して欲しい水のトラブルの場合は電話がお薦めです。問い合わせた際には、状況を説明してそれにかかるだいたいの費用を聞いておく事もできます。

漏水トラブルの場合は業者に電話をする前に、水道の元栓・止水栓を留める、と覚えておきましょう。トイレや台所の給水管を辿って、取りつけられている元栓・止水栓を閉めます。もしくは、家の外にある家全体の水道の元栓・止水栓を止めます。こちらだと全ての水が止まって使えなくなりますが、水の漏れがひどいと床や家財を傷めてしまう場合もありますので、一時的にでも大元を止めた方が安心です。

元栓・止水栓についても漏水が起きてから場所を探すのではなく、あらかじめ場所を確認しておくことが大切です。いつ起こるかわからない水のトラブルのために日頃から準備をしておきましょう。