キッチンで起こりやすい水のトラブル

キッチンで起こりやすい水のトラブルは、主な原因がいくつかあります。まず挙げられるキッチンの水のトラブルが、シンクと排水トラップの接続部分からの水漏れです。このケースだとシンクの下の収納扉を開くと見える、排水トラップに原因があります。排水トラップの中には、防臭目的や虫などが入り込まないようにするために、一定量水が溜められています。

この排水トラップとシンクを繋げるゴムパッキンが劣化したり、破損しているとそこから水が漏れ出るようです。ゴムパッキンはホームセンターなどで販売されているので、自分で交換することもできます。同じく排水トラップで起こりやすい水のトラブルとして、排水トラップと排水ホースの接続部分からの水漏れが挙げられます。このケースはパッキンの緩みや劣化で水漏れが発生します。

パッキンだけでなく、排水トラップ自体を交換しなければいけない場合もあるようです。さらに排水ホース自体からの水漏れもあります。経年劣化や何かがぶつかるなどして物理的に排水ホースが壊れてしまい、そこから起こる水漏れです。排水ホースは消耗品ですので10年以上取り換えていないという場合は、交換を検討してみるのが良いかもしれません。

この他に蛇口からや排水ホースや排水管が詰まっている場合など、キッチンの水のトラブルは多岐にわたります。自分で修理することも可能ですが、原因が分からなかったり修理するのが難しいという場合は、専門業者に相談しましょう。