水漏れのトラブルが起きたときの修理のこと

水道で発生するトラブルの代表的なものが水漏れです。しっかりと栓を閉めているにも関わらず、蛇口からポタポタと水滴が滴り落ちてくる場合や継ぎ目から水が流れ出てくる場合は水漏れを疑います。そのままにしておくと水道代が高くなるだけではなく、機器の劣化を招くので、早めに対応することがポイントです。まず場所の特定をします。

その後、自分で修理をするのか、業者に依頼するかを決めます。自分で修理する場合には必要な工具類が揃っているか確認しておく必要があります。水道のトラブルで必要な工具としてはモンキーレンチやピンセットが挙げられます。作業を開始してから買いに行くのではなく、あらかじめ準備しておくことが大事です。

水道には小さな部品もたくさんあるので紛失のリスクを最小限とするためです。一般的な蛇口からの水漏れの場合、ボルトが緩んでいることやゴムのパッキンの劣化が考えられます。つまり、ボルトを締め直す、あるいは新しいパッキンに交換することで直る可能性があります。しかしながら、台所などで主流となりつつあるシングルレバータイプの混合栓では、ボルト等の緩みだけが原因でない可能性があるので慎重な作業が必要です。

いずれにしても作業をするときには止水栓を閉めてから行います。原因が特定できないときには無理して自分で直すのではなく水道のトラブルの専門業者に依頼することが大事です。自分自身で修理をしようとして、かえって症状が悪化する可能性もあるからです。